引越し費用の相場は?|引っ越し費用で業者を比較! » アーカイブ

引越し 挨拶 粗品

読了までの目安時間:約 2分

引越しを行なった後には近隣の方に挨拶を行う必要があります。
近隣に住む方がどういった人か確認する意味でも重要です。

この先、近所付き合いを行う上で自分のことを知ってもらい
良好な隣人関係を築き、安心してくらすマナーです。

挨拶は引越しの当日、もしくは翌日までには行うようにします。
一軒家の場合、向こう三軒と両隣に挨拶を行い、
マンションの場合は上下の階の住人と隣の住人に挨拶を行うのが一般的です。

その時に粗品を渡すようにします。
粗品の金額は、あまりにも高価なものを贈ると相手に気を使わせてしまうので、
500円から1000円程度の安価なもので十分です。

洗剤やタオルなどの日常でよく使われる消耗品は喜ばれるため粗品としては一般的です。
しかし、火事などの火を連想させるライターやマッチなどは
タブーとされているので贈らないようにします。

留守宅には、手紙を書き残しポストに投函すればいいです。
廊下などですれ違う場合などは、一般常識として挨拶は必ず行なってください。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

引越し 挨拶

読了までの目安時間:約 2分

引越し先の挨拶は必ずするものではありませんが、
しておくことにより良好な隣人関係を築く近道になります。

今まで住んでいた家での挨拶では、
引越し前日か2日前に行うのがよいです。

「長い間お世話になりました。」
の言葉だけで十分です。

特に隣人にお世話になった方はなにか挨拶品を持っていくといいです。

引越し先での挨拶はなるべく早めに済ませるようにします。
引越し当日もしくは翌日が好ましいです。

一般的には一軒家の場合は向かい三軒と両隣。
アパート・マンションなどの集合住宅では両隣と上下の階の住人と言われています。

挨拶品に関しては、予算は500―1000円程度で十分です。
タオルやクッキー、石鹸などが一般的です。

品物に凝る必要はないですが、かさばるものや
生ものなどの日持ちしないものはやめておくようにするのが無難です。

隣人が留守がちな場合は、必ず手渡しでなければダメというのはないので、
簡単な挨拶状を添えてポストなどに入れておくのがよいです。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
メタ情報
タグ