引越し費用の相場は?|引っ越し費用で業者を比較! » アーカイブ

引越し 挨拶 品物

読了までの目安時間:約 2分

引越しを行なった場合、隣近所の方に挨拶を行う必要があります。
これからの良好な関係を築いていくためにも必ず行う方がいいです。

どういった人が住み、また自分の顔を覚えてもらうためにも必要なことになります。

引越し挨拶は、当日か翌日までには行うのが一般的です。
一軒家の場合は、向こう三軒と両隣に挨拶を行います。

また、マンションやアパートの場合は
上下の階の住人と隣の住人に挨拶を行うのが普通です。

その時に挨拶品として品物を用意し渡す人が多いです。
高価な物を贈る必要なく500円から1000円程度の品物で大丈夫です。

高価なものだとかえって気を遣わせてしまうためです。

品物は、タオル食器、洗剤などの消耗品が一般的です。
受け手も日常でこういったものは使うので喜ばれることが多いです。

一方、マッチやライターなど火事を連想させるものは
タブーとされているので注意が必要です。
不在の家は手紙を添えてポストに投函するだけで十分です。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

引越しそば

読了までの目安時間:約 2分

引越しそばとは、江戸時代からはじまった習慣であり、
引っ越してきた人が近隣の人に配るそばのことをいいます。

そばは縁起物であり、細く長く切れないという特徴を持っています。
これにかけて、細く長くお世話になるお付き合いをという意味が込められています。

末永くおそばにいたいという洒落もかかっているそうです。

もともとは、もちやお粥を配っていたのだが当時はまだ高価だったため、
安いそば変わっていったそうです。

しかし、生のそばだと賞味期限が短くすぐに傷んでしまうので
そば切手というそばのクーポン券を配ることも多かったそうです。

昭和の時代には当たり前のように行われていた習慣ですが、
現代社会においてはあまり行う人はいません。

今は、そばではなくタオルや食器などの挨拶品に変わっていきました。
昔の引越しと今の引越しではやり方も贈り物も少しずつ変わって来ています。

その時代にあった贈り物をすることが受けてが一番喜ぶ贈り物かもしれません。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
メタ情報
タグ