引越し費用の相場は?|引っ越し費用で業者を比較! » アーカイブ

郵便 引越し

読了までの目安時間:約 2分

郵便物の転送手続きは忘れがちだが必要な手続きです。
これを忘れてしまうと、新居に郵便物が届かないためです。

郵便物の転送手続きは、最寄りの郵便局で転居届のハガキをもらい
必要事項を記入し署名押印のうえ郵便ポストに投函するだけでいいです。

転居届けのハガキをだしておけば、引っ越してから1年間、
旧住所宛の郵便物は新住所へ転送されるのですが、
1年後にもう一度転居届けだせば、さらに1年間転送してくれます。

今では、e転居というインターネット上で
転居届を受け付ける無料サービスもあります。

インターネットが接続しているパソコンや
スマートフォンから申し込むが出来ます。

引っ越す前後で申し込みは行え、
旧住所宛の郵便物を新居の住所に1年間転送してくれます。

1度の申し込みで家族6人分まで登録を行うことが出来ます。

どちらでも手続きは行えるので利用者に合う方法で手続きを行うようにします。
くれぐれも忘れないように注意が必要です。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

引越し 住所変更

読了までの目安時間:約 2分

引越しにおける手続きはさまざまで
いろいろと住所変更の手続きを行う必要があります。

転出届や転入届などといった役所で行う手続きや、
ガス、水道、電気などライフラインに関わる
住所変更手続きなどは必ず行うようにします。

これらの手続きを忘れてしまうと、
特にライフラインなどに関わるものは使用が出来ないなど
生活に関わってくるので注意が必要です。

印鑑登録や廃止も役所で行うので転出届を出すときに
一緒に行えば手間が省けます。

他には、NHKや郵便物の転送手続き、
銀行やクレジットカード、勤務先や学校への伝達など
住所変更を必要とするものはたくさんあります。

どの手続きをいつどのタイミングで行うようにするか分かりやすくするため、
チェックリストを作成するなどして漏れがないようにするといいです。

引越しでやる作業は多いため、
引越し時期が決定すればなるべく余裕をもって行動し、
いろいろな手続きを行えばミスもなくスムーズに引越しを行えます。

 

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
メタ情報
タグ